首页 > 服务网点

心灵的微光(心灵闪过的微光)

心灵的微光(心灵闪过的微光)

心灵闪过的微光

这玩意也能进操作系统,那就讲述一下电脑开机自检过程及微软系统开机时的微软图标吧,这就是心灵闪过的微光,再往后天就亮了不用讲下去了

心灵的微光600字

心灵的微光

“天才,百分之一是灵感,百分之九十九是汗水。但那百分之一的灵感是最重要的,甚至比那百分之九十九的汗水都要重要。”——题记

如果智慧是一朵莲花,那莲花正中一定擎有一支点亮的蜡。荧荧的那一剪光虽微弱暧昧,我也要它骄傲的捧出辉煌。十里平湖,智慧的闪光就仿佛是微风漾起的一道道涟漪;万紫千红,智慧的闪光就好像是那偶尔飞来嗅闻芬芳的彩蝶;晴空万里,智慧的闪光就好似那展翅翱翔啸唳长鸣的云鹤。

残酷的岁月扬起漫天黄沙,将一个个或悲壮或悠然的身影埋没于九尺黄泉,然而,这又怎能湮没在黑暗中闪动的智慧的火焰呢?一草一木一花一叶,万事万物,都在不停地撩拨着我们的情思。情思,是灵感的触发器。灵感,是和我们捉迷藏的玩伴,稍一疏忽,它就化为一缕青烟无影无踪。凡人需要灵感,文人更需要灵感。后者比之于前者,其可贵之处正在于他们多半会紧紧抓住这黑暗中的那一道闪电。

南山之下,遍地金菊,不正是激发出陶潜灵感的产物吗?菊香弥漫,再酌上几杯浊酒,岂不美哉?“采菊东篱下,悠然见南山。此中有真意,欲辨已忘言”。此景此情,夫复何求?会稽山阴兰亭,云天朗朗,惠风和畅。诸位文人墨客列坐水滨,流觞饮酌,歌咏唱答,不也是出自内心深处被激发出的那些许情感吗?一篇《兰亭集序》,唱出了“齐彭殇为妄作,一死生为虚诞”的感慨。还有赤壁古战场,不只有多少人去凭吊过。苏东坡、辛弃疾,后来者更是不计其数。赤壁在他们的头顶上架起一道美丽的彩虹,在文坛竖起了一道亮丽的风景线。

我们生而平凡,可是我们依然对自己心灵上闪过的微光视而不见,更不用说伸出手抓住它了。一个落地的苹果成就了牛顿在科学界的丰功伟绩,一只飞翔的鸟儿为莱特兄弟展开了翱翔天穹的机翼。“灵感是一个不喜欢拜访懒汉的客人,”车尔尼雪夫斯基如是说。我们无意中丢弃了属于自己的财富,不正是由于我们的懒惰吗?

心灵的微光?日语作文

题目

知道

语文

作文

实说

糊涂

东西

随便写几段吧

注意汉字

简化

原文

复制

http://hi.du.com/dorodoro/item/50ca54f45867630fe2e3bda7

私は

の作った

きです

その

でも、私はとりわけ暗い

んで読んでいます

形式はどうであれ、、创作物というのは総じて

の思いが诘まっているという、

厚い

说しかり、

供の読む絵本しかり

それもそのはずです

なぜなら

は『思う』

物なのです

问题は、何を思って作ったかでは、それを読む

の気持ちも违ってきます

私はどうにも『明るい

』というのが苦手のようです

明るい

を読んでいると、どうしてもそれがリアリティに欠けているように思えてなりません

コメディというのは

体、作者のエンターテイメントの主旨を元に作っていたと言えます

それは読む

を軽い気持ちにさせることができます

しかし、

は楽しいことばかりじゃないのは谁もが认める现実です

そこをご都合主义で涂り替えられるコメディを、嘘っぽく

じたことはないでしょうか

そんなはずがない、そう思ったときにはもう幸せな世界から追い

されて、厳しい现実に立たされていました

そう、コメディは眩しいながらも、

の外侧をしか照らしてくれません

だから私は、

の作った暗い

きです

作者の、绝望を叫び、それでも希望を追い求める気持ちが、私の

を震わせます

コメディとは逆に、

の外侧を昙らせ、奥底に潜む微光を呼び起こします

例え悲剧に终わっても、かすかな光を见

したことには必ず意味があります

くは要りません

それが例え儚い

筋の微光であっても、ちゃんと

の奥底に届いてくれれば、きっと

切に思えてきますから

今年高考作文?心灵闪过的微光?要从一个什么角度去写?

我们老师说过这作文有几个立意:1珍惜!珍惜每个心灵的微光!由此引申到生活中的珍惜!2,寻找自我!心中有闪过的微光却没有抓住,是为什么呢?是因为不相信自己,对自己优点一无所知,所以才会错失闪过的微光!

本文来自投稿,不代表本网站立场,发布者:实习编辑,如若转载,请注明出处:https://www.sihaiyuanlin.com/service/187594.html

关注微信